2012年9月 4日 (火)

民主党のこと その2

民主党に「議論」は存在したのだろうか・・・

「マニフェスト」本来は政権を取った上での活動規範になるはずだったが・・・

政権運営についても、「幹事長室」「国家戦略室」の認識についても大きな差異であった。

菅さんが何もしなかったのか、小沢さんが勝手にうごいたのか

どちらにしても、ここがはじまりのような気がする。

小沢氏の努力、文字通り「努力」であった。

選挙に勝ったのはこの努力は大きかった。

地元の支持は、「ここまでやってくれる」という昔ながらのものであった。

ある意味、「戦の仕方」を知っていたと思う。

それに対して、偽メールグループは、なにをしたのだろうか

「目の前の問題」に振り回されていたのではないだろうか。

なぜ、政権を苦労してとったのか

どうして、政権を取ったのか

政治屋だからか

消費税の問題から始まって、

参院敗戦

党分裂

必要性は理解できない。

インテリのおままごとしか思えない。

マニュアル通りの「強気発言」より

必要なことを

大局で判断する、

人としての経験がなかったのは残念だ。

2012年9月 3日 (月)

民主党のこと

ここのところ、こちらのブログをさぼっていて申し訳ありません。

こちらのほうは、比較的危ないことを書いていこうと思っています。

男性のクライアントが見えると、経済の話になるのですが、政治の話に移っていきます。

そして、いま政権にあるのは、【民主党】ですね。

批判の対象になりますね。

当然・・・

評価を求められてお答えするのは

【政権交代は成功】【政権能力に難あり】

政権交代については、

失われた20年を続けてきた自民党からの政権交代は、必要でした。

悪くなるばかりの国家運営でしたから。

「なにかを変えていかなければいけない」

そのことについては、成功だと思います。

よくやりきったと思います。

前回の政権交代をつぶした小沢氏には、ズッート毛嫌いしていました。

ただ、ここ何年間かは、よく我慢強くやっていたと評価しなおしましたから。

政権運営に関しては、関しては

予想以上に悪くなりましたね。

鳩山政権は、予想の範囲内。

慣れてないこと、想定との差異は理解できましたし、

【政権交代】を意識していたと思いますから。

その後は、最悪でね。

かって、【偽メール事件】のメンバーたちの運営は

【暴力】そのものですから。

菅政権は、まっさきに消費税を謳い

【政権交代】をつぶしたうえ、

震災に対して、何もできないではなく、

足枷になっていましたから。

野田政権になり

【消費税】をはじめ

【暴力】てきなことを平気でやってきました。

多くの問題は

討論中に【一任させていただきます】と一方的に宣言

それに納得いかない人に対しては【正式に手続きしております】

暴力そのものではないでしょうか?

よく「数の暴力」といいます。

数すらもなく、一存のみで行っています。

討論した結論ではなく、【一存ありきで行う暴力です】

この政権で、【リスクのなかったところに爆弾を落としました】

このことは時期にわかるでしょう。

第2次世界大戦を起した人たちに次ぐ、国賊になってしまいました。

残念です。

国民の想念により起したものです。

なんとか、変えられないものでしょうか。

考えてしまいます。

2006年4月 2日 (日)

どうした民主党!

また、民主党やっちゃいましたね。

どうも、「喧嘩に弱い」というか「戦知らず」というか。

はあ・・ 前回の選挙では、勝利の可能性が高かったのが、惨敗!

今回は4点セットで次の選挙にむけて、優位に立てるチャンスであったのが、

党首辞任!

なんでよ

はめられたとしか言いようのない結果になっている。

時間がたてば与党になれると思っているのか。

中途半端な「大党意識」が

ここにきておごりになっている。

民主党の存在意義は自民党に勝てる可能性のある。

唯一の政党であることを思い起こしてほしい。

戦って政権奪取することにすべてをかけて

2006年3月 8日 (水)

民主党

やっと、メール問題が落ち着きました。

民主党の今回の失策は歴史的失策です。

民主党を応援する理由は、「政権交代」をなしえる可能性のある党だったからです。

自民党は改革といっても、この15年近くの失政は大きい。とりあえず、さがってなさい。

民主党は自民党に変わって国政をあらたむる責任があった。

しかし、喧嘩負けにより大幅に議席数をへらし。

なおかつ、今回の件で、政権担当能力に疑問を持たれた。

二大政党時代が、もう望みがたいとはいえ、

大連立時代だというのもどうかとおもう。

確かに、中国の台頭により日本は危機に立たされる可能性のある現代。

あるていど、政治的に安定して望まなければならない。

そのためには、いい選択かもしれない。

でも、正直そうなると「国民の生活」より、「国家」に重みをおかれることになるでしょう。

「国家」に課題が多いですから。

しかし、弱かったな~ これがこの国の運命なんだろうな。

この答えが、どうでてくるのか少し怖いです。

2005年9月11日 (日)

きょうは9.11

きょうは9.11です。黙祷。

さて、きょうは日本でアルカイダの活動が懸念される日です。

それはきょうが9.11であるとともに、総選挙だからです。合理的に考えて、今度の選挙は今までになく、世界が報道しているので注目度がたかく、また、総選挙によりスペインのように日本の方針を変えられるチャンスがあること。警備陣が選挙態勢をとっているので、隙があることです。でも、おそらく、ないのではないのではないかとおもいます。理由は「勘」と、過去アルカイダによるテロの土壌がないことです。おそらく、東アジアでは効果が高くないと考えているのではないでしょうか。ちょっと、合理的じゃないかな。

ボケてても、やっぱり平和が一番。

2005年9月 7日 (水)

世のなかおかしいⅡ

よのなかは常に正しい状態と言うのはないと思うのですが、選挙の期間だから見極めは大事だと思います。世の【小泉人気】はおかしい?だって、いま、不景気の原因・財政の問題の原因は小泉さんの近いところから出ています。まず、今の不景気の最初の原因は自民党の失策が重なったところにあります。橋本派の土地政策の失敗により、金融担保が不安定になり、土地・株価などの融資に影響するものの価値が下落し不良債権といわれるものが多数発生しました。さらに、銀行が自らの安全を図るため、融資の削減・回収に回り、資金流通が減少しました。これがバブルの崩壊です。その後、景気に一時的に回復を見せたところで、財政再建を理由に消費税を上げ、消費に水を差しました。それを失策と認識した小渕内閣は景気回復に本腰を入れ、回復への足がかりが不幸にも小渕首相が倒れました。この後、森政権となったことにより、日本の悲劇はさらに深まりました。森首相は小渕政権の踏襲と他派への気配りがまだあったのですが、景気対策は減少しました。これにより、今まで耐えてきた経済が壊れ始めました。森派清和会(当時会長 小泉純一郎)は財務族系であり、基本的にこの20年非主流派であったことにより、財政再建と主流派への回帰を狙っていました。森首相の不人気により、森政権は倒れ、小泉政権へと移りました。景気回復を願って誕生したはずの小泉政権は当初より構造改革をうたい、見るべき改革もありましたが、根っこにあるのは国民生活より財政の再建。橋本派つぶしを狙っていました。それにより、金融・財政の締め付けにより、多くの企業や老舗と言われるものが潰れていきました。もちろんそれらには潰れて仕方のないものもありましたが、不必要なものも多くありました。本来この不況は金融不況であるのだから、金融の建て直しと、市中への資金の流通調整により回復への道筋ができます。政府もそれを狙い銀行への税金の貸し出しや、政府保証によるを行いましたが、銀行に吸い取られ思うように行きませんでした。これをしっかり行うことが景気回復の鍵になるはずでした。しかし、構造改革は狙いは橋本派支配を支えていた建設・郵政・財政に絞って行われています。それにより、清和会一人勝ちの状況を作ることに成功しました。それが、小泉政治です。もともと、いまの財政状況の礎を作ったのは清和会です。清和会は福田蔵相時代に通常予算に債権を使うという手法を根ずかせ現在の財政危機の元を作りました。そして、必要以上の不況をつくりました。国民生活を良くする事が政治であるなら、小泉政権はその任にふさわしくありません。今度の選挙の結果はどうなるにしても、国民が覚悟のいるものになるでしょう。

2005年8月12日 (金)

世の中おかしい。

今日のお仕事は飲食店の御相談でした。10年以上やってらしたのですが、ここ数年苦労してらっしゃいます。お客様に言った事は「【うまくて、安くて、サービス良くて】じゃだめですよ。そういうお店が数多く苦しんでるじゃないですか、それは商売の基本で大事なことだけれども、この特殊な時代、それではだめです。」と。最初は言っていることを御理解いただけなかったのですが、よくお話したところ御理解いただきました。当たり前のことを真っ当にやって苦しむなんて世の中おかしいよ。